本の海

書籍や読書に関する情報を紹介します

書評 『江戸っ子が好んだ日々の和食』

昨今、諸外国で日本料理が注目されているそうです。といっても結構前からですが。
理由は、野菜や魚を中心とした食事で健康維持に良いと考えられているからだそうです。

最近、私も自分でご飯を作るときは、野菜がたくさんの具だくさん味噌汁と魚料理が多いです。
サンマの塩焼きなどこれを超える主菜はないのではないかと言うくらい好きです。

今回紹介する本は、江戸時代の食をテーマにした『江戸っ子が好んだ日々の和食』です。

江戸っ子が好んだ日々の和食

江戸っ子が好んだ日々の和食

本書を読んでいますと、日本食の原型は江戸時代にほぼ作り上げられたということがよくわかります。

和食の基本は江戸で成熟

例えば、一日三食は、江戸時代で定着したそうです。
そのきっかけは、明暦三年(1657年)に江戸市中を焼き尽くした明暦の大火らしいです。
この火事の復興のため、多くの大工や人夫、職人が諸国から江戸に集まってきました。

彼らは肉体労働が中心なので貴族のように一日二食では到底もたず、三食が主流になっていったそうです。

そう考えるとやはり現代人でデスクワーク中心の人は、三食いらないのかもしれません。。

この他、香の物や白米、豆腐や納豆などの和食に欠かせない料理がメジャーになっていった経緯や当時の様子などが書かれています。

今とちょっと違う食事情

マグロとフグは今はとても人気の高い食材ですが、江戸時代の武士は食べなかったそうで、この話が面白いです。

マグロは、「しび」とも言うらしく、これが「死日」に通じるため嫌われたそうです。
フグは、まぁそもそも毒のある魚なので、戦場で死ぬことが当たり前の武士が、食事に当たって死ぬなど考えられないことだったそうです。

冷蔵庫などなかった江戸ではそもそも生食は少し危険だったようですね。

また、江戸時代は表向き牛や馬、鶏などの肉を食べることも禁じられていたようです。
病気の人や体の弱い人は「薬食い」といって食べていたようですが。 とはいっても、やはり美味しいからでしょうか。中後期からは、すき焼きのルーツである牛鍋が大流行し、肉食が一般的になっていったようです。

素朴で美味しそうな八杯豆腐

江戸では、お豆腐が大人気だったようで、当時の独特な食べ方「八杯豆腐」が紹介されています。

「八杯豆腐」という食べ方もあった。豆腐を薄く細く切り、これを水四杯。醤油二杯、酒二杯の割合で混ぜた汁で煮て食べる、という料理だった。

これがすごく美味しそうなんです。

ググってみたら同じ思いの人がいたのか、つくっている人がおり、クックパッドに幾つかレシピが散見されました。

この料理は、江戸のおかず番付の「日々徳用倹約料理角力番付」の精進方の人気第一位だったり、「豆腐百珍」という本に紹介されたりする超人気料理だったようです。
当時も、ランキングやレシピ本があったことが非常に面白いと思いませんか。

さて、今回幾つかピックアップして紹介しましたが、他にも色々と江戸の料理や食事情が紹介されていて大変おもしろい本です。
文章も優しくボリュームも多くないので非常に読みやすい本です。是非読んでみてください。

江戸っ子が好んだ日々の和食

江戸っ子が好んだ日々の和食

また、個人的には、本書で良く引用される『守貞漫稿』という当時の本がかなり気になります。
なんと岩波文庫にありました。いつか読んでみたいです。五巻までありますね。。

近世風俗志―守貞謾稿 (1) (岩波文庫)

近世風俗志―守貞謾稿 (1) (岩波文庫)